ピルをやめたら妊娠はするの?

避妊の為だけではなく、生理痛やPMSなどの治療のためにピルを飲んでいる人は少なくありません。妊娠を望まない場合にはピルを飲み続ければいいのですが、そろそろ子供が欲しい、と思った時に不安になるのが、今まで避妊のための薬であるピルを飲んでいたということでしょう。このまま妊娠できないのではないかと思ってしまう人もいますが、実際には妊娠しやすくなると言われています。ピルの服用をやめれば1か月ほどで自分本来のホルモンバランスに体が戻って行くので排卵が起き、妊娠することが可能になると言われています。また、生理不順などの改善でピルを服用していた場合も体内のホルモンバランスが整うので周期的な生理が訪れるようになって妊娠しやすくなると言われています。現代の女性は昔に比べて初潮が早いことと子供を産む数が減ったことで生理の回数が増えており、排卵の回数は昔の約10倍にも及ぶと言われています。そのため卵巣が疲れてしまい、現代の女性は妊娠しにくくなっているとも言われています。ピルは服用することで体内のホルモンバランスを妊娠している時と同様にするので排卵がストップして卵巣を休ませることができます。そのため、ピルの服用を中止すると妊娠しやすくなるとも言われており、実際にデータとして妊娠しにくくなると言われている30代後半の女性でもピルを服用して生理の周期を整えたり卵巣を休ませることで妊娠しやすくなると発表されています。高齢になると卵巣や子宮が疲れていたり、子宮内膜症、卵巣がんなど不妊の原因となる病気にかかりやすくなってしまいますが、その予防効果も期待できます。今は妊娠はしたくないけれど少し環境が整えば妊娠したいという女性にもピッタリのものになるのです。

どの種類のピルがおすすめ?

女性が避妊用として服用するピルには、さまざまな種類があります。大きくいえば、低用量、中用量、高用量といった種類があり、これらは錠剤に含まれているホルモン量がどの程度かということによって、低いものから高いものまであるという意味になります。現在のところ、中用量ピルというのは避妊目的ではほとんど使われることがありませんが、ひどい生理痛を緩和するなどといった、月経周期を整える方面の目的で使用するのであれば、中用量ピルのような強力なものが向いている可能性があります。ただし、ホルモン量が多いというのは、いっぽうで吐き気などの副作用をもたらしやすいということでもありますので、注意をしなければなりません。また、一般的に普及している低用量ピルのなかでも、一相性と三相性といった違いもあります。ピルに含まれているホルモンというのは、正確にいえば、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、ふたつのはたらきをするものを組み合わせているのですが、その配分に違いがあります。一相性のほうは、すべての錠剤に同じような分量のホルモンが含まれているため、プラセボ錠でないかぎり、錠剤の取り違えがあったとしても、それが効果に及ぼす影響はないものです。副作用などが気にならず、手軽に使いたいという人に向いています。一相性ピルの代表的なものにはマーベロンなどがあります。いっぽうの三相性については、服用開始からの経過日数ごとに、3段階で分量が違っていますので、どの錠剤を飲んでも同じというわけにはいかず、かならず日数に応じた錠剤を飲まなければならないという決まりがあります。しかし、吐き気などのピルの副作用で悩んでいるという場合には、三相性のように、できるだけホルモン量を自然に調整しているピルのほうが、そうした副作用を避けるという意味で好都合であるといえます。この三相性タイプのピルには「トリキュラー」という製品がありますが、国内ではポピュラーなもののため情報も多く、安心して服用できると思います。

ピルと体調の変化について

男性と女性が交際をすることになると、時間の経過とともに肉体関係もできてくるものです。それはお互いを愛する気持ちからとても素敵な関係になれるものでもあるのでしょう。愛情確認の手段としては、とても美しいものでもあるのです。ただ、性的な関係においては子孫繁栄といった機能もあるので、妊娠をしてしまう可能性があるということを忘れてはならないのです。常にそれを念頭において、関係を持っていくことが大切なのです。妊娠をしてしまったら困ってしまうというときには避妊をする必要があります。その方法としては、コンドームを男性が使用することが一般的になるのですが、最近は女性が自分で服用することで妊娠を防ぐことができる低用量ピルも知られるようになりました。低用量ピルというのはホルモン剤の入った錠剤を飲むことによって、ホルモンバランスを整えるものであって、女性の排卵を抑制することができるのです。排卵を抑えることによって卵子と精子が出会って受精をするということもないので、避妊できるというわけです。ピルの効果というのは毎日しっかりと飲み続けることで発揮することができるものなのです。正しい服用では完璧といっていいほどの成功率を誇るのです。また、女性だけの判断で相手に知られることなく飲むこともできるのもいい点といえましょう。しかしながら、ピルを飲み始めた時には体調に変化がみられることがあります。体がまだ慣れていないということもあるのですが、ピルによって排卵を抑えるので体が一時的に妊娠をしているように作用してしまうため、気持ち悪さが出たりすることがあるのです。つわりのような状態です。またむくみが出ることもあります。しかし、徐々に体が慣れて、平気になっていくことが多いのです。
■ピルはネットで購入できます
ピル 通販

ページトップへ