ピルに含まれる卵胞ホルモンとプエラリアミリフィカ

ピルは、毎日服用することで避妊効果を得ることのできる避妊薬として知られています。

女性ホルモンの黄体ホルモンと、卵胞ホルモンの類似ホルモンが配合されており、ほとんどのピルは黄体ホルモンの働きを利用したものが多いとされていますが、同時に卵胞ホルモンも含まれているのが一般的です。

その理由としては黄体ホルモン単体だけでは男性ホルモンの作用が強くなったり不正出血が続くなどのデメリットがありますが、卵胞ホルモンも一緒に配合することで黄体ホルモンの活発化が期待できるため、結果的に黄体ホルモンの配合量を少なくできるので同じように配合するのが通常なのです。

低用量ピルは、使用される黄体ホルモンの種類によって世代が異なるとされていますが、どのピルにも卵胞ホルモンが含まれています。

卵胞ホルモンには、女性の髪や爪、肌を若々しくさせる作用やバストアップやくびれを作るなど女性の体をより女性らしくする効果が期待できるとされています。

そのため、胸を大きくする効果が期待できるバストアップサプリなどには、卵胞ホルモンの働きを活性化させる作用があるプエラリアミリフィカや大豆イソフラボンなどの植物エストロゲンが含まれています。

これらの成分は卵胞ホルモンと似た働きをする作用があるため、バストアップサプリを摂取することで体内のホルモンを活発化させてjバストアップ効果を高めるとされています。

ただ、ピルを服用している場合にはこの作用が返って悪影響を与えてしまうことがあるので注意が必要です。

プエラリアミリフィカなどの植物エストロゲンを含むバストアップサプリと、ピルを併用することで卵胞ホルモンの働きが過剰になってホルモンバランスを崩して体調を崩す恐れがあるため、ピルを服用中にはプエラリアミリフィカなどの植物エストロゲンとの併用は避けた方が良いと言えるでしょう。

ページトップへ