卵巣のホルモンと同じ作用をするピルで避妊をスタート

避妊の方法としてはいろいろなものが考えられますが、現在、世界中の多くの女性に利用されている、確実性の高い避妊方法としては、経口避妊薬、いわゆるピルというものが挙げられます。このピルのなかには、卵巣から分泌される卵胞ホルモン、黄体ホルモンという、ふたつの女性ホルモンと同じ作用をする成分が含まれています。このため、ピルを原則として毎日服用することによって、頚管粘膜が変化したり、卵胞が発達せずに排卵が起こらなくなったり、子宮内膜が薄いままであったりといった、妊娠を阻止するようなさまざまな環境がととのいますので、結果として性行為をしたとしても妊娠することがなくなるわけです。こうした避妊用のピルですが、基本的には生理の周期を考えて、そのはじまりの日から服用をスタートすることになります。ピルには28錠入りのものと、21錠入りのものの、両方があるわけですが、28錠入りであれば、スタートからそのまま毎日1錠を飲むようにすれば、生理周期といっしょの日数になりますので、28錠すべてを飲み終えれば、また新しいシートに切り替えて同様に飲み続ければよいことになります。21錠入りのものについては、通常の生理周期とは1週間分の差が生じますが、実は服薬スタートから21錠を飲みきったあとは、1週間だけ服用を中止する期間をはさみます。その期間が経過したあとは、同様に新しいシートに切り替えることになりますので、専用のカレンダーをつけるなどして飲み忘れがないようにしておかなければなりません。なお、ピルの飲み忘れがあった場合、直前にピルを飲んだ時間との間隔が一定以上になってしまうと、避妊の効果がなくなってしまいますので、特に注意が必要となります。

ページトップへ