痩せる過剰なダイエットでなる若年性更年期障害にピル

若年性更年期障害とは、女性ホルモンが急激に少なくなることで起こる、20代や30代の女性が発症する病気です。
主に、激しいダイエットのしすぎや徹夜での仕事など体を酷使したことが原因女性ホルモンが不足して起こります。
なかなか改善しない場合には、婦人科を受診してピルを処方してもらうとよいでしょう。
ピルは避妊薬というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、服用することで女性ホルモンのバランスを整えるため、若年性更年期障害の治療にも効果があります。
ピルを服用することで、女性ホルモンを補うことができるため、症状を改善させることができますが、ただ、気をつけないといけないことは、ピルを飲むと排卵が起こらなくなってしまいます。
そのため、すぐにでも妊娠を望む場合には、ピルは不向きといえます。

若年性更年期障害は、不妊症の原因になることがあります。
生理がくるのは女性ホルモンの影響で起こりますが、生理がこなくなるということは、女性ホルモンが少なくなっていることを意味しています。
女性ホルモンの役割は、生理や排卵を起こすだけではないため、不足することで、体の調子が悪くなることが少なくありません。
主な症状は、顔のほてりや冷え性、イライラ、めまい、気持ちの滅入り、生理不順などがあります。
この若年性更年期障害になりやすいのは、月経前症候群の症状があったり、太りすぎ・痩せすぎの人、激しい運動をする人、たばこを吸う人、自律神経系が弱い人、完璧主義な人、生活が不規則な人などがあります。
このように不規則な生活を送っている人や、性格が問題となって発症したり、症状が重くなることがあるのが若年性更年期障害の特徴です。
特に、痩せることに必死になり、無理なダイエットをすることでホルモンバランスを乱す原因となることがあるので、注意が必要です。

ページトップへ